中文  |  English  |  日本语

新闻详细
当前位置: 首页> 新闻详细
「第8回国際資源保全とナマズの非公式会合」と第2回非公式会合「ナマズ資源の保護と管理のための法的枠組み確立の可能性」
专栏:日文
发布日期:2015-06-13
阅读量:75
收藏:
  2015年6月1日〜3は、北海道では、札幌市は「ウナギの国際的保全と管理第八非公式会合」の可能性と第二を議論するために設立ウナギ資源の保護と管理のための「法的枠組みを開催しました非公式のウナギ資源を保護し、管理するための法的枠組みの可能性「について議論する会議で、日本、中国本土、韓国、台湾」会議および2015年11月に設立された - ウナギの2016年8月生産「制限」などの..........

  2015年6月1日〜3は、北海道では、札幌市は「ウナギの国際的保全と管理第八非公式会合」の可能性と第二を議論するために設立ウナギ資源の保護と管理のための「法的枠組みを開催しました非公式のウナギ資源を保護し、管理するための法的枠組みの可能性「について議論する会議で、日本、中国本土、韓国、台湾」会議および2015年11月に設立された - ウナギの2016年8月生産「制限」などの問題があります。

1.要約

  日本、中国本土、韓国、台湾からのフィードバックでの会議だけでなく、2014年9月に開催された「ウナギの国際的保全と管理第七非公式会合」で、状況のカルテットによって発行された共同声明の履行とカキの生産制限に関する問題は、2015年11月から2016年8月まで議論された。同時に、イカを保護するための法的手段を用いて、できるだけ早く特別機関を設立できるようにすることも重要です。

2.会議のスケジュールと場所

  (1)イカ資源の保護と管理のための法的枠組みを確立する可能性に関する第2回非公式会合

スケジュール:6月1日〜2015年2月

会場:会議およびトレーニング施設ACU

所在地:北海道札幌市中央区北4 - 5階45アスティ16階

  (2)第8回国際自然保護資源管理協議会

スケジュール:2015年6月3日

会場:会議およびトレーニング施設ACU

所在地:北海道札幌市中央区北4 - 5階45アスティ16階

3.出席者

  (1)イカ資源の保護と管理のための法的枠組みを確立する可能性に関する第2回非公式会合

日本、韓国、中国、台湾の代表が参加した。

[日本]宮原キヤノン農業省の顧問、慎吾太田水産庁は漁業資源課長い省の増殖を促進するため、水産平山ダフの外務省主任の経済局

  (2)第8回国際自然保護資源管理協議会

日本、韓国、中国、台湾の代表が参加した。 (中国本土の代表者は物理的な問題のために出席しなかった)

[Japan]大田氏、水産部漁業推進課水産資源課長

4.結果の要約

  ウナギ資源の法的枠組み(1)の保護と管理が二非公式会合の可能性を議論するために設立され、新しい法的拘束力のウナギ資源の保護と管理のための枠組みの構築の可能性について激しい議論、予備苗の資源を保護するためのコンセンサスが達成される。

  (2)2015年11月のためのリソース管理システムとウナギの国際的な保護第八非公式会合、 - ウナギの稚魚の量で2016年10月に、プールの天井の議論にはまだ21.6トンです。また、次回会合は2016年5月に開催予定です。

上一页:風と風のシリンダー
下一页:2015年新年社長会議