中文  |  English  |  日本语

新闻详细
当前位置: 首页> 新闻详细
日本漁業局はサーモン貿易制限を回避する
专栏:日文
发布日期:2015-07-28
阅读量:68
收藏:
  2015年7月24日の「醜い日と土」の先駆け日本では2015年には、ウナギの消費量がピークに達したが、また、加熱されたグローバルウナギ保護ブームのコンテキストでのリソースの量を削減しました。日本のイカの国際貿易は限られている可能性があり、漁業部門と水産養殖産業は制限を回避するために資源管理に焦点を当て始めている。関係者の多くは、2016年9月に開催された国際会議を最も重要な..........

  2015年7月24日の「醜い日と土」の先駆け日本では2015年には、ウナギの消費量がピークに達したが、また、加熱されたグローバルウナギ保護ブームのコンテキストでのリソースの量を削減しました。日本のイカの国際貿易は限られている可能性があり、漁業部門と水産養殖産業は制限を回避するために資源管理に焦点を当て始めている。関係者の多くは、2016年9月に開催された国際会議を最も重要な障壁と考えています。

  消費者が食べるナスのほとんどは、中国や台湾から輸入された加工品、日本で栽培された加工品です。日本での国内育種に使用される実生もまた輸入に依存する。取引が限定されていると、商品市況の高騰と農業の低下が避けられない。

  関連当事者が警戒している国際会議は、ワシントン条約の締約国会議である。日本のイカの取引制限の提案が提案され、会議で合格することがあります。欧州のイカは2009年の条約によって制限され、流動性は急落した。 

  昨年世界自然保護連合(IUCN)は絶滅のおそれのある種のリストとしてアメリカの鯉とともに日本のイカを列挙しました。これがワシントン条約の重要な参考資料になることが報告されている。

  昨年9月、水産庁は中国、台湾、韓国と日本のイカの制限に関する合意に初めて達した。 2014年11月から2015年5月までの日本の養殖養殖池の上限は21.6トンで、前期より20%減少しました。実際の量は18.3トンでした。漁業部は、河川における苗の無差別な使用を防止し、環境を改善するための措置も講じている。

  しかし、サーモンを食べる国は少数であり、国際理解の制限を避けるべきかどうかは不明である。水産物部門は、マグロやクジラのように、イカの保護を強く主張する環境団体を警戒しています。

上一页:農業省は、地方、第三、および第三産業の統合のためのパイロットゾーンの設立を促進する
下一页:豊かな豚の風味を盛り込んだイカのコーラを紹介